”覚醒”〜心はひとつ日本一〜

10月21日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日1021日は橋本コーチの誕生日です。

橋本コーチお誕生日おめでとうございます。

いつもお忙しい中、私達にご指導してくださりありがとうございます。

橋本コーチは私達と年齢が比較的近いということもあり一番話しかけやすく、相談などがしやすい人です。

練習中も厳しい所は厳しく、そうでないところは優しくメリハリがしっかりとしています。

これからもご迷惑をかけていくかもしれませんが、これからもご指導の程宜しくお願い致します。

本日もカールマイヤーグラウンドで午前と午後に分かれて紅白戦を行いました。

どちらの試合も一進一退の攻防でどちらが勝つかわからない好ゲームを見せてくれました。

ですが、その中で失敗や課題といったものも見えてきました。

その課題点を王座決定戦までに改善し、万全の状態で迎えれるようこれから調整などをしていってほしいです。

橋本 佳紀(福井工業大学指導者)

田渕 竜臣(1年:智辯学園)

10月21日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

愛知・東海・北陸の三連盟王座決定戦のトーナメントが決定致しましたのでご報告させて頂きます。

王座決定戦は1027日から1029日に静岡県の浜松球場で開催されます。

試合時間は13:00開始の予定となっています。

チーム一丸となって優勝目指して頑張っていきますので、応援の程よろしくお願い致します。

10月20日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日1020日は新聞広告の日という記念日だそうです。

なぜそのようにいわれるのかというと、新聞週間の中で覚えやすい20日を記念日としたことが由来となっています。

この新聞週間は1015日から1025日まで期間に制定されたものです。

新聞は上下の端がギザギザしていますがなぜギザギザしているか知っていますか。

実はあのギザギザは新聞を同じサイズに安定して切り分けるためにギザギザしているそうです。

新聞紙は1日に大量に刷る必要があり、そのため一枚ずつ裁断していては間に合わないため、一度に大量の新聞紙を裁断するそうです。

ですがかなり分厚くなった新聞紙の束を真っ直ぐの刃できってしまうと刃の通りが悪く寸法が変わってしまったり、上手く切れなかったり安定しなかったそうです。

そこで刃をギザギザにすることによって滑らず正確に裁断することができるようになったそうです。

本日はカールマイヤーグラウンドで午前と午後に分かれて紅白戦を行いました。

試合は午前と午後とで内容は全然違うものとなりましたが、どちらの試合も白熱したものとなりました。

特に二試合は最終回までどちらが勝つかわからない熱戦でした。

午前の試合も午後の試合も選手達にはいい刺激になったと思います。

また明日も紅白戦の予定になっていますが、今日出てきた反省点を次につなげ、明日の試合では同じ失敗を繰り返さないようにし、今日の試合を無駄にしないようにしてほしいと思います。

久保山 優(2年:藤枝明誠)

光岡 廉(3年:藤枝明誠)

10月19日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日1019日は海外旅行の日という記念日だそうです。

なぜそのようにいわれるのかというと、1019日という日付が「遠(10)くへ行く(19)」という語呂合わせからきているそうです。

この記念日の目的は「海外旅行の楽しみ方等について考える」とされています。

日本でも日常的にハンドサインやジェスチャーを使っていると思いますが、実は海外では使ってはいけないものがあると知っていますか。

例えば、タクシーなどを止める際に手をパーにしてストップさせるジェスチャーや、「いいね」などでお馴染みの親指を立てるジェスチャーは海外では相手を侮辱する意味となってしまうそうです。

本日はカールマイヤーグラウンドと室内練習場に分かれて練習を行いました。

本日はランやトレーニングをする前にポジションノックを行いました。

練習中の選手達は声も出ていてすごく動けていました。

特に内野手はポジション毎に4箇所に分かれてノックを行い、一人当たりのノックを受ける数が多く練習の質が高くなったと思います。

外野手もサッカー場でノックを行い、送球の確認やゴロの捕球など意識の高い練習ができていました。

明日は紅白戦を行う予定ですが、先日のリーグ戦の出てきた課題点などを意識し、ただ紅白戦を行うのではなく内容の濃い試合にしてほしいと思います。

上谷 優太(3年:明徳義塾)

内田 裕也(3年:三重)

10月18日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日10月18日は冷凍食品の日という記念日だそうです。

なぜそのようにいわれるのかというと、10月は冷凍の「とう(10)」であり、18日は国際的に-18℃以下に保てば冷凍食品の品質を1年間維持できるとされていることが由来となっています。

この日は1986年に日本冷凍食品協会によって制定された日だそうです。

この日は食欲の秋でもあることから、冷凍食品の販売促進をするということを目的とした記念日だそうです。

本日はカールマイヤーグラウンドと室内練習場に分かれて練習を行いました。

本日は昨日ほど寒く感じられませんでしたが、それでも長袖を着ていないとかなり寒く感じました。

そんな中での練習となり昨日と同様トレーニングがメインの練習となりましたが、選手達の意識は高く選手同士の声の掛け合いなど選手自ら活気ある練習にしようとしていました。

学生コーチもその姿を見てサポートに熱が入っていました。

森 達希(3年:京都文教)

笠嶋 直弥(1年:武生工業)

10月17日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日1017日は貯蓄の日という記念日だそうです。

なぜそのようにいわれるのかというと、1017日が神嘗祭が開催される事が由来となっています。

この神嘗祭とは宮中行事で、天皇その年の新米を伊勢神宮に供える祭事となっていて、お金が勤労の収穫であることから、お金を大切にする日だとされています。

みなさんは銀行にはどれぐらいお金があると思いますか。

実は普通の支店には1億円もないことがおおいそうです。

本店などの大きな銀行にならたくさんのお金をが用意されているそうですが、給料日やボーナスの日といった特別にお金の出し入れが多い日以外にはたくさんのお金を置かないようにしているそうです。

本日は肌寒い中での練習となり、もうすぐそこに冬が迫っているといった風に感じました。

本日から秋季トレーニングも始まり、今週は主に下半身を強化するメニューとなっておりランやトレーニングといった内容を行いました。

選手達からしたらかなりきついメニューとなっていましたが、そのきついメニューの中で選手達は自分達で鼓舞しあって活気ある意識の高い練習を行っていました。

リーグ戦が明け、いろんな思いが選手達の胸にあると思いますが、気持ちを切り替え2週間後に迫っている王座決定戦に向け気持ちをもっていってほしいと思います。

板垣 翔大(2年:埼玉栄)

桑山 洸樹(1年:履正社)

こんばんは。

本日行われました金沢星稜大学とのリーグ戦の結果をお知らせしたいと思います。

【試合結果】

福井工大 1-2 金沢星稜大

【戦況】

・1回表

この試合先発の宇野(福井工大福井)は先頭打者に先制のソロホームランを打たれ1点を失う。

しかし後続は完璧に打ち取り被害を最小限に留めた。

・7回表

3番手としてマウンドに上がっている川村(花巻東)は先頭打者にヒットを打たれ、次の打者に送りバントを決められワンアウト二塁となる。

続く打者にセンター前にヒットを打たれワンアウト一三塁のピンチとなる。

続く1番打者にセンターへ犠牲フライを打たれ1点を失う。

・9回裏

この回先頭の②横山(名古屋国際)に代わり代打で出場した上谷(明徳義塾)が四球を選び出塁する。

ここで一塁ランナーの上谷に代わり代走 掛橋(報徳学園)が出場する。

③桑山洸(履正社)に代わり代打で長峯(豊橋中央)が出場するもレフトフライでアウトとなりワンアウト一塁となる。

続く④八幡(福井工大福井)がセンター前にヒットを放ち一塁ランナーの掛橋は三塁まで進塁し、⑤宮石(佐久長聖)がライトへ犠牲フライを打ち1点を返す。

⑥桑山雄(履正社)が四球で出塁しツーアウト一二塁となり、続く⑦佐藤(福井工大福井)に代わり代打 仲(興南)が出場するも内野ゴロに抑えられこの試合に敗れる。

昨日、今日と試合に敗れ勝ち点を落とした中での優勝となってしまいました。

しかしくよくよしている暇はありません。昨日、今日の敗戦を明日以降の糧とし、2週間後に控えている王座決定戦に向け気持ちを切り替えてほしいと思います。

そしてその王座決定戦では優勝し、24年ぶりに明治神宮大会に出場して日本一になれるようチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

これからも応援の程宜しくお願い致します。

前の記事を読む »