”繋 ”つなぐ ~ONE FOR ALL ALL FOR ONE~

富山BBCとの試合の総評です。

福井工業大学10-3富山BBC

1回表

先発の南大(2年:伊勢工業)が先頭打者に二塁打を浴び、3番打者にタイムリーヒットを打たれ、先制点を許す。

1回裏

1番江口(3年:川之江)が二塁打で出塁し、3番北村(3年:福井工大福井)のタイムリーヒットで、同点となる。

2回裏

7番桑山(2年:履正社)が三塁打を放ち、8番掛橋(2年:報徳学園)のタイムリー内野安打で1点追加し、勝ち越しに成功。

4回裏

6番横山(3年:名古屋国際)が四球で出塁し、7番桑山(2年:履正社)と8番掛橋(2年:報徳学園)のタイムリーヒットにより、2点を追加。

5回裏

1番江口(3年:川之江)が安打で出塁し盗塁を決め、2番成澤(3年:長野日大)のタイムリーツーベースヒットで1点を追加、なおも4番茂森(2年:埼玉栄)のタイムリーツーベースヒットでもう一点追加。

さらにこの回相手守備によるタイムリーエラーなどが絡み、2点を追加。

この回一挙4得点。

7回表

渡邊(1年:豊橋中央)が複数安打を浴び、1点を失う。

7回裏

菰渕(1年:明徳義塾)が相手守備のエラーで出塁すると、続く土井(3年:大体大浪商)と南準(2年:東洋大姫路)の2者連続タイムリーツーベースヒットで2点を追加。

8回表

渡邊(1年:豊橋中央)が四球と安打で1点を失うも、途中交代した川村(2年:花巻東)がしっかり抑えた。

9回表

川村(2年:花巻東)がエラーで出塁を許すも牽制で指すなど、相手打者を抑えた。

本日の試合は、10対3と打撃の面で自信をつけることが出来る良い試合となりました。

ご確認宜しくお願い致します。

福井工業大学3-2星城大学

3回裏

先発の稲森(1年:初芝立命館)ピンチを迎えるも踏ん張り無得点に抑える。

4回裏

この回から登板の平田(2年:折尾愛真)三安打を浴びピンチを作るも、最後の打者を三振に抑えピンチを切り抜ける。

5回表

先頭の6番松山智(3年:桜丘)がライト前を放ち出塁、続く7番伊藝(2年:沖縄尚学)が送り、チャンスを作るも無得点

5回裏

平田(2年:折尾愛真)が四球と安打でピンチを作り、タイムリーヒットを打たれて先制点を許す。

7回裏

この回から登板の石田(3年:東京都市大塩尻)が三塁打を浴び、内野ゴロの間に1点を失う。

9回表

先頭、代打の福井(1年:明石商業)が四球で出塁。続く5番前田(3年:享栄)も四球で出塁し、6番山口郁(2年:鹿児島実業)が送り、7番代打の森本龍(1年:報徳学園)の内野ゴロの間に1点。続く8番八幡尚(1年:花巻東)が四球。9番のところに代打仙石(1年:帝京大学可児)が走者一掃のタイムリー三塁打で2点を追加し逆転に成功。

9回裏

8回からマウンドに上がっている西田(3年:東洋大姫路)が2イニングをきっちり抑え試合終了。

本日の2試合目は9回表に逆転をし、試合に勝利することができました。最後まで投手陣が踏ん張れたのが良かったと思います。

攻撃面がまだ弱いのでしっかり振り込んで、振り負けないようにしていきます。

福井工業大学4-4愛知産業大学

3回裏

先発の山口拓(1年:興南)が先制点を許す。

5回表

先頭6番中原(1年:日南学園)が二塁打を放ち出塁し、続く7番井元(2年:沖縄尚学)四球で続くも後続が続かず無得点。

5回裏

山口拓(1年:興南)が追加点を許す。

6回表

2番福田(3年:福井工大福井)が二塁打を放ち、ボークで進塁し、続く3番尾堂(2年:れいめい)がセンター前ヒットで得点。

6回裏

この回から登板の平山(1年:花巻東)、先頭がエラーで出塁し、四球と安打で2点を失う。

7回表

先頭の5番田中翔(1年:鳥取商業)が四球で出塁、6番中原(1年:日南学園)が送り、7番井元(2年:沖縄尚学)が右中間を破る三塁打を放ち追加点。続く代打の仙石(1年:帝京大学可児)がライト前を放ち、さらに得点を加える。

8回表

3番山口郁(2年:鹿児島実業)が相手のエラーで出塁し、ワイルドピッチで二塁に。続く4番今井(1年:春日部共栄)が内野安打で続き、5番八幡尚(1年:花巻東)がセーフティスクイズを決め同点に追いつく。

9回裏

この回から登板の國光(3年:明徳義塾)先頭に四球を与え、盗塁と安打を許しピンチを作るも後続を抑え、同点のまま試合終了。

本日の試合は守備面のミスが多く出てしまい、余分な点を与えてしまいました。攻撃面はチャンスをしっかり物にすることができたのでよかったです。

今日の試合で出た課題を意識して明日からの練習に取り組んでいきます。

7月20日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日はカールマイヤーグラウンドと角折に分かれて練習を行いました。

悪天候が続いていましたが、久しぶりにグラウンドで練習ができ、選手達は闘争心をむき出しに練習に取り組んでいました。

新チームから機動力を生かした野球を目指すということで、走塁練習を行いました。足を絡めた攻撃ができれば、相手にプレッシャーをかけることができチャンスも広がるので、自分は足が遅いから関係ないのではなく、遅いのをカバーできる走塁ができるよう練習に取り組んでもらいたいです。

7月19日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日は室内練習場と学校に分かれての練習を行いました。

悪天候が続き気持ちがどんよりしがちですが、ダレることなく練習に取り組んでいました。

カールマイヤーグラウンドを使用することができていないため、実践から離れていますが、室内でも出来ることはあるのでただ漠然とメニューをこなすのではなく、メニューにどういった意図があるのかまで考え、練習に取り組んでもらいたいです。

垣花 壮羅(1年:興南)

7月18日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日は室内練習場と学校に分かれての練習を行いました。

悪天候の為、外では練習が出来ない状況ではありましたが一人一人が意識して声を出し、明るい雰囲気で練習に取り組んでいました。

室内練習場の練習は主に質を求めての練習ではなく、数を振る練習に取り組みスイングスピードを上げる練習となりました。

学校練習では走り込みを行い継続して行なってきているので体力はついてきていると思います。

なので、この体力や忍耐力を試合に繋げて欲しいです。

中川 龍(2年:羽茂)

久保山 優(3年:藤枝明誠)

7月17日

カテゴリー お知らせ

こんばんは。

本日はカールマイヤーグラウンドと室内練習場に分かれての練習を行いました。

カールマイヤーグラウンドでは昨日に引き続き実践を行いました。

試合に近い環境で練習を行なっており、チームとして底上げ出来ていると思います。

また、このような練習は続いていくので慣れが出るのではなく、一人一人が課題に向かって練習に取り組んで欲しいです。

室内練習場では打撃を強化する為、体幹やトレーニングを行い基礎を固めて試合に繋げて欲しいです。

仙石 大輔(1年:帝京大学可児)

木下 達也(1年:紀北工業)

前の記事を読む »