”信力”〜 王座奪還!日本一!!〜

5月22日

カテゴリー お知らせ

こんにちは。本日は朝から暖かく、青空の映える1日となりました。金沢学院大学との神宮をかけた1戦を戦うにはもってこいの天候の中で試合を行うことができました。

試合速報の記事にも書きましたが、本日金沢学院大学に3-1で見事勝利することができ、神宮大会への出場が決まりました。試合後にみんなの笑顔を見ることができ、嬉しさがこみ上げました。今年の春季リーグ戦は自分たちの思うように簡単に勝ち進んでいくことができなかったりと苦しいことがたくさんありました。しかし、どの試合でもチームが一丸となりベンチ・スタンドが一体となって試合に臨んできました。苦しい時には仲間からの声援でピンチをチャンスに変えたり、流れをもってきたりと試合を進めることができました。仲間がいること、保護者が応援してくれること、試合を楽しみにして見に来てくれる方々がいること。すべて当たり前ではないことを頭に入れた中で5つの心を常にもって感謝の心を忘れず二週間後に控える神宮大会に挑んでいきたいです。本日は誠に応援ありがとうございました。今後もFUT硬式野球部の応援よろしくお願い致します。


コメント

コメント(1) “5月22日”

  1. 郷田只見

     北陸リーグ優勝並びに39回目の全日本選手権大会出場決定、まことにおめでとうございます!
     この日のために苦しいことにも耐えて頑張って来られた監督、コーチ、部員の皆さん、喜びもひとしおのことでありましょう。
     本日の金沢学院大との第2戦は、昨日の第1戦における谷崎投手の完封勝利に恐らく発奮して、他の投手陣、近藤、加藤、小川の各投手が奮闘し、危ない所もありましたが、お互いに助け合って、相手を被安打4(無四球)、1失点のみに抑えたことが勝利の大きな要因になったように思います。しかし、他の野手の皆さんも無失策の固い守りや幾度かのファインプレーで投手を守り立て、ヒットも9本打ち、全員一丸となっての勝利であったと言うべきでありましょう。
     今季、谷崎投手は確か7勝0敗であったと思われ、その活躍はほんとうにすばらしかったです。ぜひ全国の場でその力を試して頂きたいと思います。さらに、新人の島田選手は走攻守においてすばらしい活躍でした。打率は今日の3本のかため打ちで4割5分近くまで行ったのではないでしょうか?
     選手権大会では、6月6日の東京ドーム第4試合で愛媛大学と対戦することが決まっているようですが、相手は国立大学でもありますし、負けられないですね。さらに、この1回戦に勝利すれば、8日同球場の第2試合で上武大と対戦することになっているようですが、この相手は、3年前1回戦でコールド負けを喫し、その後勝ち進んで優勝もしてしまったという強敵ですが、その時の雪辱を期して頂きたいと思います。ともあれ、本日はほんとうにおめでとうございました。

    返信

コメントする