”信力”〜 王座奪還!日本一!!〜

星稜大|000 000 010|1
福工大|001  100 02x|4
9回表/星稜大

⑤セカンドゴロ

ワンアウトランナー無し

⑥見逃し三振

ツーアウトランナー無し

⑦ファーストエラー

ツーアウトランナー1塁

⑧空振り三振

スリーアウト試合終了

コメント

コメント(1) “金沢星稜大学戦/9回試合終了”

  1. 郷田只見

    負ければ今季の〝頂点への道〟が断たれるという重要な一戦に勝利され、まことにおめでとうございます!
     この勝利の第一の殊勲者は中1日の登板で8本のヒットを打たれながらも要所を締めて8回の1失点のみに抑えた谷﨑投手でありましょう。また谷﨑投手を救援した加藤投手も、ほえながらの気迫のこもった投球で、残る4つのアウトのうち3つまでも三振で打ち取り、すばらしかったです。
     打つ方の殊勲者としては、貴重な2点目を得るホームランを打った大瀧選手を挙げなければなりませんが、最大の殊勲者は、1点差に迫られた8回1死満塁の好機にレフトセンター間にクリーンヒットを放って決定的な2打点を挙げた新入生の島田選手であったように思います。
     しかし、今日の試合では、選手全員が、昨日の試合から一転して、気迫あふれていて、そのチーム全体の力が以上の選手たちの好プレーをも生んだとも言えることでしょう。
     このチームワークの力で最後の金沢学院大に臨まれ、優勝を勝ち取られますことを祈願しております。
     

    返信

コメントする