”繋 ”つなぐ ~ONE FOR ALL ALL FOR ONE~

こんばんは。

本日行われた全日本大学野球選手権大会、明治大学の試合結果をご報告したいと思います。

【試合結果】

福井工大 2-9 明治大

【戦況】

この試合先発の南(伊勢工業)は初回2安打を浴び、ピンチを迎えるも後続を断ち見事初回を無失点に抑える。

・4回表

この回先頭の②成澤(長野日大)が四球で出塁し、その後成澤が盗塁を決め2塁へ進み、ツーアウトランナー2塁の場面で⑤神藤(明徳義塾)が右中間へタイムリーツーベースを放ち1点を先制し、⑥仲(興南)もセンターへタイムリーヒットを放ち1点を追加し、この回2点を先制する。

・4回裏

先頭打者をセカンドゴロに抑えるもセカンドがエラーをして出塁を許し、続く打者も四球で出塁させ、1アウトランナー1,2塁から7番打者にライトへタイムリーを浴び1点を返される。その後、死球で満塁となり9番打者にセンターへ犠牲フライを打たれ同点に追い付かれる。

・5回裏

前の回からマウンドに上がっている2番手の斎藤(三重)は先頭打者にヒットを打たれ、その後1塁ランナーに盗塁を決められ、1アウトから4番打者にセンターにタイムリーを打たれ勝ち越しを許す。

その後死球とサード強襲のヒットで1アウトランナー満塁となり、7番打者をセカンドゴロに抑えるもゲッツー崩れとなり3塁ランナーがホームへ帰り1点を追加される。

その後2アウトランナー1,3塁となり、1塁ランナーが盗塁を試み、キャッチャーはセカンドへ投げず3塁へ投げるも送球ミスで3塁ランナーがホームへ帰り、この回3点を失う。

・6回裏

この回からマウンドに上がった3番手の武盛(福井工大福井)は2アウトを取るもそこから連続四球で2アウトランナー1,2塁となり、4番打者にスリーランホームランを浴び3点を失う。

・7回裏

この回からマウンドに上がった3番手の國光(明徳義塾)は先頭打者に四球を与え、1塁ランナーに盗塁を決められ0アウトランナー2塁となって、続く打者を内野ゴロに抑える。

その後1アウトランナー2塁となって、國光から4番手の谷(西舞鶴)に交代し、アウトを1つ取り2アウトとなるも、その後四球を出し2アウトランナー1,2塁となり、2番打者にセンターオーバーのタイムリーツーベースを打たれ1点を追加され、この1点でコールドが決まり、残念ながら9対2でコールド負けとなる。

新チームが始まって約1年、皆さん本当にお疲れ様でした。

殆どの4年生は今日の試合が最後になってしまいました。最後は残念な結果になってしまいましたが、選手はもちろん応援団、裏方の全員が一丸となった試合だったと思います。

4年生はこれから先就職活動など野球から離れた生活になると思いますが、工大野球部で学んだ事をこれからの人生に生かして欲しいと思います。

残る選手達は今日の敗戦を無駄にする事なく、この経験を生かし秋にリーグ戦に挑んで欲しいと思います。

本当にお疲れ様でした。

応援をしてくださった皆様もありがとうございます。

これからも福井工大の応援の程宜しくお願い致します。

コメント

コメントする